YouTubeのアカウントを削除されたときの対処法

スポンサーリンク

もしYouTubeのアカウントが停止される場合、削除される場合は事前通告なしに突然行われてしまいますので慌ててしまう事が多いです。

YouTubeが使えなくなってしまうのは、かなりしんどいですよね。今回は、YouTubeのアカウントを削除されたときの対処法をご紹介したいと思います(`・ω・´)


スポンサーリンク


アカウントを削除されたときの対処法


YouTubeのアカウントを削除されたときの対処法になりますが、利用規約や著作権を侵害していない場合はアカウント停止への異議申し立てをする事になります。

自分自身が利用規約を無視した使い方をしていたのであれば復活するのは難しくなりますが、何も問題なければアカウント復活の依頼をする事によって、数日から数週間かけて調べてくれますので待っていれば復活する事があります。


しかし、停止させられている間は動画は見れず、チャンネル数も伸びないので影響はあります。動画残る?と心配になると思いますがアカウントが復活すれば動画も復活します。

もしアカウントが復活しなかった場合は再登録できるのかどうかですが、削除された場合はすぐにアカウントを作れます。


アカウントが停止させられている状態だと新規に作成したりするのがすぐにできないので2週間は待たなければなりません。

申し立ての注意点

ここで注意したいのが削除されたものと新しく作成したものがアドセンス経由で紐付されている等の関連が多くなりますと削除されやすくなっている事があります。

基本的に同じ所有者だと悪質だと思われている可能性が高いので、同じIPやアドセンスだと削除されやすくなっていますから再登録の際は別のものを用意したり、紐付しないようにしないといけません。


一つのアドセンスでペナルティがあると芋づる式に他のチャンネルが停止させられる事もありますから注意してください。

この動画がとても参考になりました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク