youtubeのアップロード時間は?遅いときの対処法

スポンサーリンク

youtubeのアップロード時間どのくらい?

YouTubeに動画をアップロードする場合にどのくらいの時間がかかるのかというと、その答えは「状況によりけり」です。

通常、YouTubeにアップロードする動画は「MP4」などの形式ですが、これを「AVI」などのままでアップロードしようとした場合は、短い動画でもものすごく長い時間かかってしまうこともあります。

たとえば、15分程度の動画(MP4)の場合は30分程度でアップロードが完了しますが、AVIならば5時間以上かかっても不思議はありません。

youtubeのアップロード遅くなる原因

YouTubeのアップロードが遅くなる原因には、いくつかの理由が考えられます。

・ファイルの形式
・キャッシュ
・アプリケーションの開きすぎ
・セキュリティレベルが高い
・ブラウザ自体が重い

たとえば、上記で書いているように「必要以上に大きな容量のファイルをアップロードしようとしている」場合はもちろんですが、そうでなくとも時間がかかってしまう可能性はあります。

これは、アップロードする側に起因する場合もあればYouTube側に起因する場合もあるので、一概に原因を特定することはできません。ただ、不注意で遅くなってしまう状況だけは回避するようにしましょう。

youtubeのアップロード遅い時の対処法

動画ファイルの容量が大きすぎてアップロード時間が長くなっている場合は、単純に容量の小さな動画ファイルに変換してアップロードを行えば解決します。

また、容量に関係なくアップロードの途中で中断してしまっている場合もあるので、その場合はブラウザを再起動するなどして対応する必要がある場合もあります。

・ファイルの形式を変える
・キャッシュを削除
・アプリケーションを閉じる
・セキュリティレベルを下げる
・ブラウザを変える
・再起動する

とはいえ、実際にやってみるとなると手順がわからに。。。( ノД`)シクシク…  という人の為に、こちらの動画がかなり丁寧に説明くれています。見ながらやってみるとカンタンにできますよ^^

パソコンが重い?根こそぎゴミ排除して軽くする方法!

もっと詳しくYoutubeについて勉強したい人はこちらが便利^^

とにもかくにも、「なぜアップロードが遅くなっているのか」を分析し、原因に応じて適切な方法で対処していくことが求められますね!わからない場合は一通りやってみるとがおすすめです(`・ω・´)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク